バイク王に最初の言い値で売ってはいけない

中古品と言っても実に様々なものがあります。中には新品と同様の値段で売られているものもありますし、逆に大幅に安くなっているものもあります。

中古バイクはどうでしょうか。人によってどう感じるかは差がありますが、案外高いというところではないでしょうか。

同じ様な中古車であっても四輪車に比べると中古バイクはかなり年式が古くても高い感じがします。

また年式や車種だけで値段が決まりにくい傾向もあります。つまり程度の差が大きいのです。これは四輪車に比べると乗り方による差が大きく、消耗の具合も大きく異なっているからです。この為に中古バイクとして店頭に並んでいる値段からすると買取価格は安いように感じますが、実は買い取ってからの整備が結構大変なのです。

また買取査定をしても何もかもを見逃さないでいるかというとそれも難しいのです。そういうリスクが大きい傾向があり、どうしても買取価格は安くなってしまいます。ですから実は買い取り相場は思われているよりもシビアのものでそれ程裁量のあるものではありません。バイク王なら少し頑張ればすぐに本当の上限額になります。最初に言われた値段で思ったよりも高かったからという事ですぐに買い取ってもらうのはやはり良くないのですが、その後2回くらい値上げ交渉に応じてくれた後はもう無理です。

 

本当に中古バイクの買い取り値段はシビアなのです。それ以上は頑張っても値上げは難しいはずです。バイク王側からしても、十分に高い値段を提示できているはずなので、簡単にはあきらめられないので、中々帰ってくれない評判になっていますが、それは買取価格に自信があるからなのです。最初に提示した買取価格で売ってくれればいいのですがそうでなければ高価買取で他社に負けない値段で買い取るという仕組みになっています。つまりしばらく交渉してあげてもらった値段はバイク王からしても自信をもって提示している高価買取価格というわけです。

カテゴリー: 査定 パーマリンク